読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から使える思考法 〜アウトプットを意識する〜

【アウトプットを意識して、新しい知識をインプットする】

なぜなら、インプットしただけでは、ただ勉強しただけで終わるから。

例えば、高校生が学校の授業で国語を学ぶとき、社会人がセミナーに出て、講義を聞くとき。

ただ、板書を写すだけ、講義を聞くだけ、になってませんか?

よく、アウトプットを意識して、授業/講義を聞くといいよ!って、アドバイスされたりするが、どうやってやればいいの?って私は思っていました。

最近、自分なりにですが、アウトプットを意識して知識をインプットするって、こうじゃないかな?と思ってます。

それは、
『あっ、この聞いてる内容はこの生活のこの場面でこうやったら使える。』

『あっ、こうやって仕事に活かそう』

つまり、日常生活のあの場面で使えそうだ(アウトプット)を考えながら、インプットする。

そして、思ったことはすぐにメモ帳にメモしてます。そうすることであとで、振り返ったときに、思い出せるようにしています。

また、わからない言葉をネットで調べたときも、アウトプットを意識する、という考え方が役に立ちます。

新しい言葉を調べたときに、心の中で自分の両親や10代後半の中高生に説明してみるように心がけることです。

心がけることで相手の段階にあわせて、噛み砕いて説明するように自分が努力します。

説明できなければ、その言葉はまだ自分のものではなく、ただ勉強した気になってるだけです。

説明ができれば、その言葉を自分の言葉で人に説明ができる、をまさに実体験することができます。

わからない言葉を調べる機会はたくさんあります。

新しいことにチャレンジしようとして、わからない言葉を調べる時
新しい分野の仕事にチャレンジする時
転職したあと、新しい仕事をする時
部署異動した時
チーム異動した時
専門が違う人と会話した時
自分を成長させたいと思った時
・・・

このように、アウトプットを意識してインプットする機会はたくさんあります。

新しい知識をどんどん自分のものにする為にも、誰かに説明することを意識して勉強しよう。