言葉を自分のものに。〜挫折と栄光〜

自分への備忘録、およびアウトプット用

 

挫折した。なんとしてでも成功し(栄光を勝ち取り)たい。

例えば、他の仕事をして。他の部署に異動して。他のスポーツをして。

 

挫折した時に、挫折の経験をどう捉える事ができるか。

 

栄光を勝ち取れるかどうかは、ここがキーポイントだと思います。

 

皆さんは

挫折や栄光を自分の言葉で説明できますか?

 

もし、出来ないのであれば、要注意。

なぜなら、栄光の意味をそもそも知らない人が、栄光なんて勝ち取れないと私は考えるからです。

何が正解か ではなく、自分の中で定義出来ているかどうか、これが重要です。

 

私の中で、「挫折」とは

「手持ちの装備だと、壊せない壁にぶつかり乗り越えられない状態」と考えます。

 

「栄光」とは

「乗り越えられなかった壁を乗り越えられた先に、周りが認めてくれる状態」と考えます。

『よくあの壁を乗り越えたね。ほんとすごい。どうやって乗り越えられたのか教えて。』とか。

 

このように言葉を整理していくと、「挫折」を経験しただけでは、「栄光」なんて勝ち取れない事がわかる。

 

「栄光」を勝ち取る為には、「挫折」した後に、「克服」という行動が必要だと感じる。

 

「克服」とは

壊せない壁を前にした時に、「あ、壊せない壁だな」と気付き、

手持ちの武器を整え、壊せる壁に武器を進化させる状態と考えます。

 

つまり、「挫折」を経験した時に、

 

「あっ、これって今の装備で壊せないんだっけ?」と現状を分析し、

そいつを乗り越える為に、こんなアイテムが必要だと考え、行動(克服)していく事で「栄光」は勝ち取ることができると思います。

 

挫折している人、なんか最近うまくいかない人は、まずは今の自分を受け入れましょう。今の自分に気づいてあげましょう。

 

「あっ、おれって素手でこんなボスと戦おうとしてたわ!」等。

 

気づくことができれば、次にこのボスの弱点ってどこだっけ?

何に弱くて、何に強いんだっけ?と思考を飛ばすことができる。

 

すると、あっ、こんなアプローチで仕事をしてるから、仕事で輝けないんだって気付ける。

 

要は、壁にぶつかっているな~と思った際に、

まずは自分を受け入れる事で、何にぶつかっているかを知り、

どうすれば解決できるかにつながる。

そのプロセスの繰り返しが、次第に栄光を勝ち取るに繋がっていく。

自分への備忘録、およびアウトプット用

 

挫折した。なんとしてでも成功し(栄光を勝ち取り)たい。

例えば、他の仕事をして。他の部署に異動して。他のスポーツをして。

 

挫折した時に、挫折の経験をどう捉える事ができるか。

 

栄光を勝ち取れるかどうかは、ここがキーポイントだと思います。

 

皆さんは

挫折や栄光を自分の言葉で説明できますか?

 

もし、出来ないのであれば、要注意。

なぜなら、栄光の意味をそもそも知らない人が、栄光なんて勝ち取れないと私は考えるからです。

何が正解か ではなく、自分の中で定義出来ているかどうか、これが重要です。

 

私の中で、「挫折」とは

「手持ちの装備だと、壊せない壁にぶつかり乗り越えられない状態」と考えます。

 

「栄光」とは

「乗り越えられなかった壁を乗り越えられた先に、周りが認めてくれる状態」と考えます。

『よくあの壁を乗り越えたね。ほんとすごい。どうやって乗り越えられたのか教えて。』とか。

 

このように言葉を整理していくと、「挫折」を経験しただけでは、「栄光」なんて勝ち取れない事がわかる。

 

「栄光」を勝ち取る為には、「挫折」した後に、「克服」という行動が必要だと感じる。

 

「克服」とは

壊せない壁を前にした時に、「あ、壊せない壁だな」と気付き、

手持ちの武器を整え、壊せる壁に武器を進化させる状態と考えます。

 

つまり、「挫折」を経験した時に、

 

「あっ、これって今の装備で壊せないんだっけ?」と現状を分析し、

そいつを乗り越える為に、こんなアイテムが必要だと考え、行動(克服)していく事で「栄光」は勝ち取ることができると思います。

 

挫折している人、なんか最近うまくいかない人は、まずは今の自分を受け入れましょう。今の自分に気づいてあげましょう。

 

「あっ、おれって素手でこんなボスと戦おうとしてたわ!」等。

 

気づくことができれば、次にこのボスの弱点ってどこだっけ?

何に弱くて、何に強いんだっけ?と思考を飛ばすことができる。

 

すると、あっ、こんなアプローチで仕事をしてるから、仕事で輝けないんだって気付ける。

 

要は、壁にぶつかっているな~と思った際に、

まずは自分を受け入れる事で、何にぶつかっているかを知り、

どうすれば解決できるかにつながる。

そのプロセスの繰り返しが、次第に栄光を勝ち取るに繋がっていく。