読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5倍速で勉強する資格の学習法 〜本の進め方編〜

【本の頭から1ページ1ページを丁寧に読み進めない。】
 
なぜなら、続けられず途中で断念するから。
 
今回は資格の本を勉強する時に、どうやって進めるのが良いのかについて。
※自分への備忘録、およびアウトプット用
 
さて、資格の勉強は、みなさんどうやっていますか。
 
資格を勉強する時、多くの方は、
次のプロセスで試験を受けると思います。
 
1)本屋に行く。
2)資格の本を購入する。
3)勉強する。
4)試験を受ける。
 
今回は、「3)勉強する。」に着目し、
勉強の進め方について記載しようと思います。
 
多くの資格の本を分析すると、以下のような構成をとっている事がわかります。
 
---------------------
〈表示例〉
 
1章
 1−1:○○○
 1−2:○○○
 章末問題
2章
 2ー1:○○○
 2ー2:○○○
 章末問題
・・・
---------------------
 
あなたは、この本を購入し、自宅に帰って開く。
さて、どのように勉強を進めていますか?
 
1ページ1ページを頭から読んでいますか?
私は以前まで、仕事の合間をぬって本の頭から読み進めていました。
 
本の最後のページにいく頃には、最初のページの内容は忘れるし、
記憶が戻るページまで戻り、また読み進める。
するといつの間にか、めんどくさくなり、資格の本を手にしていない日が多くなる。
 
結局、ある資格を合格するまでに10ヶ月かかりました。
 
めんどくさい、時間がかかるものという資格の勉強を、
どうすれば早く勉強する事ができるのか?
 
私が提案する勉強はこれ!
 
「章末問題から取り組み、説明箇所は辞書のように使う」
 
〈表示例〉
1章
 1−1:○○○(説明箇所)
 1−2:○○○(説明箇所)
 章末問題
2章
 2ー1:○○○(説明箇所)
 2ー2:○○○(説明箇所)
 章末問題
・・・
 
上記を例に、やり方を示すと、
 
1)1章の章末問題を解く
2)章末問題を解く際に、必要な箇所を1−1、1−2を辞書のように用いる
3)該当箇所のみ理解する
 
1)〜3)を1章、2章、3章・・・と、こなしていく事で、
1ページ1ページ丁寧に読み進めていくよりも、
早いペースで本の最後まで読み通す事ができます。
 
1回でも本の最後まで読み通す事ができれば、
2回目は、自分に対する負担がより軽い状態で読み進めることができます。
 
早い段階で2回目を読み進めることができる為、うる覚えな知識が、
刷り込まれ記憶に定着しやすくなります。
 
また早く勉強を進められる為、他の問題集を解いて、細かい部分を詰める事もできます。
 
私はこの方法を実践することで、10ヶ月かかった資格の同レベルの別資格を
わずか2ヶ月で取得できました。
 
まとめると、、、
資格の勉強方法は、本の章末問題から解く。
章末問題でわからなかった箇所を、
1−1、1−2の説明部分を辞書のように使用し、
どんどん本を最後まで読み進める。